×3【サイバーエージェントFX!管理人も愛用!】〜使いやすさ抜群!!〜

ムッチさんの今の順位をチェック⇒ にほんブログ村 為替日記

〜勝利への道〜投資表
  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
掛け金 1 2 4 8 16 32 64 128 256 512
利益 1 2 4 8 16 32 64 128 256 512
残金 2 4 8 16 32 64 128 256 512 1024万円

2010年07月28日

ムッチ波動論2

113.60まで落ちた。
ここで予定どおり買いポジを入れていた場合、
現在114円になっている。贔屓目に見て30PIP以上の利益がでている。

問題はこれから。
114を超えて行くかが勝負の分かれ目。

だが、俺の皮膚感覚ではあげる。
113.6台で買ったやつは勝ちだろう。

もし下に落ちたら当然、建値決済。
次は113円前半が買いポイントだ。

ポチッとお願いします↓


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村





posted by ムッチ at 22:48| Comment(2) | 為替日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムッチ波動論

予想通り動いている。

前回の記事より、114円半あたり(114.75)へ到達した後、113.8まで
落ちた。「1円の利益は取れない」、「伸びきったら買い転換」
このコメントより、113.80あたりでの買いは容易に想像できる。

そして今、114.23をつけて114円あたりをうろついている。
往復で1円以上の利益がとれている。

今の状況は上げ基調の波動。
これをモデリングしテクニカルと併せるとおのずと今後の動きが
みえてくる。

今の状況であれば、
反転したら前回の高値、もしくは115円オーバーを狙いにくる。
このどちらかは見極めが必要。判断方法として2つある。
テクニカル・相場の見極め、もしくは売買手法によるフォロー。
状況にあわせて使い分ける。
逆に落ちた場合は前回の伸びきった113.8あたりで建値決済すればいい。

ムッチ波動論では売り買いを交互に繰り返す。この意味は売り買いの
ポジを交互にリカクすること。今回、伸びきったところでの買いポジを
リカクできないのであれば、次は更に下で買いポジを建ててリカクする。
今回であれば113.5〜6あたりだ再びポジればいいだろう。
ロスカットも目安は1クォーターだ。

これこそムッチ波動論の真髄。
最小限のリスク。交互に売り買いを繰り替えす効率的なトレード。

簡単にいうと逆張りを繰り替えす訳だが、ムッチ波動論はけして
そんな単純なものではない。まるで詰め将棋のように計算されつくして
いるのだ。

その意味は今後、皆さんにも十分わかって貰えることだろう。
だが、ムッチ波動論はまだ完全ではない。

俺は追求する。

ムッチ波動論とは何か。それがひとことで説明できるところまで
噛み砕く。誰でも勝てる理論。それこそが究極なのだ。


ポチッとお願いします↓


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


posted by ムッチ at 21:20| Comment(0) | 為替日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうひとあげ

概ね予想通りに動いているが、昨晩は以外に強かった。

もうひとあげみておいたほうがいい。

114円半ばあたりでの売り転換になるだろう。

そこで売ったとしても1円の利益は望めないかもしれない。

大きく下へのびたところで買い転換を狙うべし。

これが現在までの動きからののムッチ理論βによる予想。
ポチッとお願いします↓


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
posted by ムッチ at 08:00| Comment(1) | 為替日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。